ボククボのくよくよ日記

ボククボがくよくよしながら日々ちょっとずつ成長していく記録

1番お気に入りの映画 “ショーシャンクの空に” 紹介

1番お気に入りの小説・映画と紹介してきましたが、今日はぼくの1番お気に入りの“映画”を紹介したいと思います!!それは、“ショーシャンクの空に”です!!

 

f:id:bokutaka:20161120232713j:plain

 

傑作映画として世界的に有名な映画ですが、知らない人も多いかもしれません。

簡単に内容を紹介すると、“無実の罪で極悪刑務所に収監されてしまった主人公、アンディの奮闘記”です。掃き溜めみたいな環境の刑務所の中で、希望を失わずに生きるアンディの生き様がとにかく素晴らしいのです。

この映画の魅力をネタバレありで紹介していきます!!ただしラストの核心的な部分には触れていないので、これを読んだあとでも映画はだいたい楽しめると思います。

 

無実の罪で捕われてしまうアンディ

f:id:bokutaka:20161120231725p:plain

 

冒頭はいきなり裁判のシーンから始まります。「自分の妻を浮気相手ともども銃で殺した」という罪を、証拠も無いのに負わされてしまうのです。まぁ、本当に殺そうと思って、浮気現場の近くにピストル持って隠れていたので確かにめちゃめちゃ怪しいんですけどね。でも実際には良心が咎めて撃たずに引き返したのに、車のタイヤの跡などから犯人だと推察され、終身刑が確定してしまいます。

 

f:id:bokutaka:20161120231742p:plain

 

劣悪な環境だと有名なショーシャンク刑務所に収監。丸裸にされかわいそう。
他の新入りの囚人達は泣き始めたりしますが、しかしアンディは静かに黙りこくっています。そう、彼は非常に冷静・知的で、自分を常に持っているのです。

 

地獄の日々

 刑務所内では看守が暴力的で、少し何かあると囚人を虐待するのは当たり前。その上、当然ですが囚人にも危ないやつがいます。アンディはゲイのチンピラに目をつけられて、毎日リンチされてしまいます。 

 

f:id:bokutaka:20161120231833p:plain

 

銀行員としての知識

そんな地獄の日々に、あるとき一筋の光明が訪れます。

アンディは銀行員として働いていた男だったのですが、その知識が思わぬ所で役立つ時がきたのです。

暴力的な鬼教官が「妻に金をとられて…」みたいなぼやきをしているときに、「これをこうすればあなたの元にお金が入ります」と、銀行員だからこそ知っている知識で助言したんですね。

 

f:id:bokutaka:20161120231748p:plain

囚人にはいつも厳しい看守も、自分に利益のある話をしてくれるのなら話は別です。アンディは「俺が書類を書くから仲間達にビールを」と要求し、看守はその通りにします。

 

f:id:bokutaka:20161120231807p:plain

冷酷な看守にコキ使われるだけだった囚人たちが、初めて刑務所内でビールを口にするシーン。その様子を、自身は酒を飲まずただ笑って見つめているアンディ。

 

f:id:bokutaka:20161121005337p:plain

もう、カッコよすぎです。ぼくはもうこのシーンでこの映画に完全に心酔しちゃってます。

 

改革の風

アンディは他にも、刑務所内に様々な改革の風を吹き込みます。

放送室の仕事を頼まれた際、本来は看守のみが聞く筈の音楽レコードをセッティングし、所内全域に放送したり。

 

f:id:bokutaka:20161120231842p:plain

久しぶりに聴く音楽に呆然と立ち尽くす囚人達

 

f:id:bokutaka:20161120231847p:plain

看守達がやってきて「開けろ!」と言われているのにこの余裕の表情。

 

f:id:bokutaka:20161120231852p:plain

「消せ!」と何度も言われ身を起こし、ようやく消すのかと思いきや、ボリュームを最大限にし、署長の目をまっすぐ見て微笑みます。
もう、観ている方も思わずにんまりしてしまうシーンです。一生に一度くらい、誰かにこういう歯向かい方してみたいですね(笑)

まぁ、このせいでこのあとしっかり懲罰房に入れられてしまうのですが…。

 

また、予算を申請し、刑務所内に図書室を作ったりもしました。

f:id:bokutaka:20161120235401p:plain

掃き溜めのようだった刑務所がどんどん変わっていく様は本当に清々しいです。

希望を潰す署長

ところが、物事はそう良いことばかり起こるわけではありません。

あるとき、別の刑務所から移送された囚人が、「アンディが犯人とされている事件の真犯人を知っている」と持ちかけます。その人から話を聞けば無罪になると興奮したアンディは当然その話を署長に持ちかけますが、優秀なアンディを手放したくない署長はその話を聞かないばかりか、その話を持ちかけた囚人を射殺し、さらにアンディを光の入らない懲罰房に一ヶ月もぶち込みます。

 

f:id:bokutaka:20161121002723p:plain

 さすがのアンディも心を折られてしまう姿に、もう観ているこっちも悲しくなります。

仲間内で、自殺の可能性までほのめかすアンディ。さて、一体彼の運命はどうなるのか……。

ラストは、是非映画を観てみてください。

 

まとめ

どうでしょう?少しはこのアンディという男の生き様が伝わったでしょうか。

普通であれば「なぜ俺がこんなところに」とか「もうこんな場所いやだ」と、自暴自棄になってしまうような境遇・状況で、アンディは屈しず、できることを最大限やろうと努力します。ぼくもこんな男になりたいです。

なぜ、アンディはそうした生き方ができるのか。それは、彼には強く信じているものがあるからです。アンディはある時こう言います。「誰の心の中にだって、奪えないものがあるじゃないか」と。「何が?」と聞かれたあと、彼は当然のようにこう答えます。

 

f:id:bokutaka:20161121001908p:plain

 

そう、この映画のテーマは、きっと“希望”です。
ぼくは、愚直に「希望」を信じることを訴える物語はあまり好きではありません。なぜなら、希望だけではやっていけないことがたくさんあるからです。
現にアンディには希望だけではなく、様々な専門知識や技術があったからこの刑務所でうまく立ち回れているのです。

しかしそれにせよ、刑務所で20年もの間彼を支えたものは、やはり“希望”でしょう。ぼくもそれを忘れないで生きていきたいなと思います。

 

DVDのイラストを観ると「すごい昔の難しい映画かな」という印象を受けると思うのですが、そんなことは全然ありません。映像に古くささはないし、話も非常にシンプルで分かりやすく、誰が観ても必ず楽しめます。

この映画を観て心に残らない人って、たぶんいないんじゃないでしょうか。それくらいオススメできる映画です。是非観てみてください!